先輩社員に話を聞きました。

平松 茉佑子 / 平成25年入社

古長 眞砂雄 / 平成11年入社

中川 裕二郎 / 平成25年入社

三ヶ尻 笙 / 平成29年入社

河野 飛鳥 / 平成28年入社

設計積算部設計積算グループ

営業部営業課

工事部工事グループ公務チーム

技術営業部設計課回路設計グループ

製造課配線グループ

阿部 幸子 / 平成20年入社

設計積算部設計積算グループ

職業訓練校でCADを学び10年前に中途採用で入社しました。主に図面作成や書類作成などの仕事をしています。仕事はすごく楽しいです。私が関わった図面が実際にできあがった現場を見てみると感慨深いですね。

 

入社3年目に結婚しました。結婚しても仕事はずっと続けたいと考えていましたね。でも妊娠〜出産時はさすがに辞めなきゃいけないのかなと不安がありましたが、産休・育休、制度が導入されたので使うことに決めて、1年間出産・子育てに専念させていただきました。休んでいる間も会社から逐一いろんな情報が届いて「新入社員が入ったよ」とか「今年は社員旅行が海外だよ」だとか、会社を離れている感じがしませんでしたね。だから1年後、会社復帰した時には特に抵抗なく戻れました。

 

河野電気を就職候補に考えている女性の皆さん!一生付き合っていける環境と先輩みんなであなたをお持ちしています!

工事部工事グループ工事チーム

◀︎採用情報ページへ

 

RECRUIT

経験を聞く

採用情報

國廣 光一

平成25年入社

古長 眞砂雄

平成11年入社

中川 裕二郎

平成25年入社

河野 飛鳥

平成28年入社

平松 茉佑子

平成25年入社

阿部 幸子

平成20年入社

三ヶ尻 笙

平成29年入社

國廣 光一 / 平成25年入社

情報系の高校でCADを習ってました。就職担当の先生から河野電気を勧められたのが入社のきっかけです。図面作成、図面から電気部材などの拾い出し、発注、見積もりシステムへの入力作業などを主に担当しています。私の部署は、課長以外全員女性!優しい先輩方がバリバリかっこよく仕事をしています。入社する前は特に不安はありませんでしたが、入社後、みなさん年上ばかりで馴染めるかなと思いましたが、いろんな先輩と話していくうちに解消していきました。

河野電気の好きなところは、居心地がいいところ。まずみなさん人柄が優しいし、女性の先輩方がとにかく周りに常に配慮し、忙しい時は「大丈夫?」って声をかけてくれてカバーしてくれる。心から尊敬しています。

新卒の皆さん、河野電気へ是非!おいでください!後輩の皆さんが安心して働ける場所であることをお約束します!

生粋の大分生まれ大分育ち。学生時代から大分で働くことが目標でした。子供の頃から自分で自転車を修理するなど、ものづくりに興味があり、特に電気に興味がありました。知識を持った専門職っていいな……と憧れがありました。大学では電気工学科を専攻。新卒で河野電気に入社しました。でも、決定的な理由は、会社パンフレットを見て「社員旅行でハワイに行ってることを知ったことです!(笑)」しかも、大分県内企業だから転勤もない!ものすごく魅力的な会社だと思いました。

 

大学で学んだことを生かし「よし、社会人として活躍し稼ぐぞ!」と張り切って社会人デビューしたものの、入社してすぐ気づいたのは、大学で学んだことが即実践で役立つことが少なく社会の厳しさを痛感し、電気関連の資格を早く取ろうと思いました。

会社からは「現場管理をする立場になるんだ!」と言われましたが、当時は現場職人さんや現場監督から鍛えられましたね。でもその頃の経験が、いますごく身になっています。

 

河野電気に入社して感じたことは、思ったことを思いっきり言えるところ。社長以下、役員の方々もしっかり答えてくれるところ。つまり自分次第でいろんなことにチャレンジするチャンスが周りにたくさんあることです。

 

皆さんとともに、発想豊かないい会社を作って行きたいと願っています。是非、私たちと河野電気の未来を創って見ませんか。あなたからのエントリーをお待ちしています。

大学で企業合同説明会を通じ河野電気を知りました。いまでも覚えているのは社長自ら「経営理念の通り従業員みんなが幸せになれるように」と声をかけてくれたことです。この会社だったら社員一人一人に気を使ってくれるのかなと思い、入社を決意しました。もともと社長さんの顔の見える地場企業で仕事がしたかったのも理由の一つです。だから、入社に向けた不安はなかったですね。

入社してわかったことは、弊社はチームワーク良く、なんでも相談できる上司との関係がすごく安心感を与えてくれます。しかも、しっかりした人事評価制度があるため、とても正当に評価していただいていることから、仕事へのやる気をいただいています。

 

これからはしっかりと信頼を得て、自分たちの仕事が後世に残り、未来の子供たちに自慢できる立派な社会人を目指して行きたいです。

もともとは高校の時に電気科で第2種電気工事士の資格を習得しました。ですが、その時は電気工事の仕事をあまりよく理解しておらず、日本文理大学の航空学科に進みました。

 

入社のきっかけは河野電気に高校と大学が一緒の先輩がいたことです。話を聞くとすごく楽しそうだったし、電気の仕事があまりわからない自分にはすごく心強かったのが決め手となりました。

仕事は分電盤や制御盤の設計を担当しています。大学が電気科でなく初めてのことが多い中「BB制度」というマンツーマンで先輩社員が仕事のことだけでなくプライベート面でも向き合っていただける制度のおかげで、仕事にも早く馴染めました。

 

もちろん仕事は厳しいことが多くありますが、それ以上に自分の設計した盤が組みあがった時の達成感など楽しみの方が多いですね。早く先輩方のようにすごい仕事ができ、後輩の面倒がみれるようになることが今の目標です。

父が電気を扱う仕事をしていて、幼少期からの憧れもあり入社しました。地元に残り両親の面倒を見たいのも理由の一つです。

 

きっかけは合同企業説明会、そして工場見学です。入社前に工場作業の見学をさせていただく機会がありまして、関心が湧きました。

でも、もともと自分は手先が不器用だと思っていたので、分電盤やブレーカーの配線の業務に赴任した時は、すごく不安でした。でも先輩が優しくカバーしてくれたり、プライベートでも面倒をとてもよく見てくれたりと、不安は少しずつ消えて行きました。

 

先輩皆さん共通してることは、肩苦しくなく普通に接してくれること。時々年齢差を感じないことがあります。

河野電気は、コミュニケーションが苦手などの不安があっても優しくゼロから教えてくれる素晴らしい社風があります。しかも後輩を指導するBB制度という教育の仕組みもありますので、安心して入社出来ます。

 

ぜひ、僕たちと一緒に河野電気で働きましょう。

高校卒業して河野電気に入社しました。今は一般住宅へリフォームや住まいのおたすけ隊として、照明器具の設置や取り替えから、お年寄りからのお電話で電球ひとつの取り替えへも対応させていただいています。

採用試験の時は、大分県内のトップ企業と聞いて、高校で面接の練習をしっかりしてすごく緊張して望んだんですが、型にはまった面接とは大違いで、社長以下面接官の方と普通の会話で盛り上がって、すごくアットホームな印象を受けました。しかも工業系の学校卒なんで「会社は体育会系で厳しいもの」というイメージがあったのですが、いざ入社してみると先輩はみなさん優しく、わからないことには一から丁寧に指導してくれました。今は、その経験を生かして後輩の指導に生かしています。

今の目標はとにかく一人前に早くなること!まだ覚えないといけないことや、成長したいことがたくさんあります。近い将来、お客様にもっと信頼していただき、いい仕事ができるようになりたいです。

河野電気のいいところは、スタッフそれぞれが思い合い、優しく接しやすい社風です。新入社員でもなんにも心配することはありません。わからないことは先輩が率先して教えてくれます。本当に優しく家族みたいなんです。早く皆さんとお会いできる日を楽しみにしています。

2018 Copyright All Rights Reserved. by kawano denki

河野電気株式会社

本社:〒870-0816

大分県大分市田室町8番33号